お問い合わせ

学部・学科

実習について

子ども教育学科の実習は2年次からはじまり、段階的にレベルアップしていきます。テンポよく実習を繰り返し、4年次には「長期フィールド実習」を用意。多くの実習のなかで、自らの課題を発見し、教育・保育観を醸成します。実習にあたっては「実習支援室」が万全のサポートを行います。

2年次
【教育実習Ⅰ(小)】
1週間
小学校の授業や生活について見学実習を通じて学びます。
【教育実習Ⅰ(幼)】
1週間
付属幼稚園の子どもたちや保育者の様子を観察し、学びます。

【保育実習Ⅰa(保)】
約10日間
保育所の子どもたちの生活や遊び、保育者の仕事を学びます。

3年次
【保育実習Ⅰb(施)】
約10日間
児童養護施設などの福祉施設を訪れ、実習を行います。

【教育実習Ⅱ(幼)】
3週間
幼稚園で3週間、自分で計画を立て、準備し、実習します。

【保育実習Ⅱ(保)】
約10日間
「保育実習Ⅲ」との選択。実習先は保育所となります。
【保育実習Ⅲ(施)】
約10日間
「保育実習Ⅱ」との選択。福祉施設での実習を行います。

※ⅡまたはⅢのいずれかを選択

4年次
【教育実習Ⅱ(小)】
3週間
3週間におよぶ実習で、実際に教壇に立ち、授業を行います。

長期フィールド実習(選択)

2年次
【教育実習Ⅰ(幼)】
1週間
付属幼稚園の子どもたちや保育者の様子を観察し、学びます。

【保育実習Ⅰa(保)】
約10日間
保育所の子どもたちの生活や遊び、保育者の仕事を学びます。

3年次
【保育実習Ⅰb(施)】
約10日間
児童養護施設などの福祉施設を訪れ、実習を行います。

【教育実習Ⅱ(幼)】
3週間
幼稚園で3週間、自分で計画を立て、準備し、実習します。

【保育実習Ⅱ(保)】
約10日間
「保育実習Ⅲ」との選択。実習先は保育所となります。
【保育実習Ⅲ(施)】
約10日間
「保育実習Ⅱ」との選択。福祉施設での実習を行います。

※ⅡまたはⅢのいずれかを選択

4年次

長期フィールド実習(選択)

長期フィールド実習

希望学生を対象とした学修プログラムです。実施を希望する学生はまず、長期フィールド実習専門のゼミナールを選択し、所属。4年次からはトータル22回に及ぶ実習とゼミナールでのフィードバックを繰り返すことで、学びを定着させます。

スケジュール例

スケジュール例

スケジュール例

今戸 唯奈さんの成長物語
~長期フィールド実習~

今戸 唯奈
子ども教育学科
(2018年3月卒業)
愛知・豊田南高等学校 出身
豊田市役所 若宮こども園 勤務

OKAJO STORY

OKAJO STORY

01
◎3年次12月:テーマ選び
「子ども教育フォーラム」の講演で聴いた言葉が心に響き、テーマに反映。

テーマ選びで悩んでいた時に講演で聴いた「子ども主体の協同的な学び」という言葉。これを長期フィールド実習で深めたいと思いましたが、テーマが大き過ぎ、絞り込むことに苦労しました。

02
◎4年次4月~11月:実習
実習
実習園への交渉も、研究の実施方法も、
すべてが“自分次第”。

子どもの協同性を現場で観察することにこだわって実習園を選定。先輩たちの残してくれた計画書を参考に実習計画を練りました。実習では子どもたちの成長や変化を意識して観察しました。

03
◎4年次4月~11月:ゼミでの振り返り
ゼミでの振り返り
実習で不安になることも。
ゼミの先生と7人の仲間に助けられました。

毎週月曜日に実習、水曜日は大学で研究の進捗を報告します。みんなからアドバイスをもらい、自分では気づかなかったことにも気づいて、実習をさらに充実したものとすることができました。

04
◎4年次12月:卒業研究報告書作成
卒業研究報告書作成
膨大な記録ノートと格闘し、観察記録を拾い上げる。
その中で得た確かな自信。

いよいよ卒業研究報告書の作成。終盤に差し掛かった頃、タイトルを変更しようと迷ったことも。論文にまとめたことで長期に関わる実習で得た学びが、かけがえのないものであることを実感しています。

ページの先頭へ

ページの先頭へ